中心性漿液性網脈絡膜症|世田谷区経堂の眼科|経堂こうづき眼科

経堂こうづき眼科 - 経堂コルティ

世田谷区経堂の眼科|経堂こうづき眼科

03-5799-7276

〒156-0052 東京都世田谷区経堂2-1-33 経堂コルティ 2F駐車場あり

〒156-0052 東京都世田谷区経堂2-1-33

経堂コルティ 2F駐車場あり

診療カレンダー

緑内障検査、眼鏡処方、コンタクト処方の方はこちらから。一般診療ご希望の方は予約はせず 直接お越しください。

友だち追加

当院からのお知らせの受診、問診、検査のご予約を行なっていただけます。

スタッフ募集

中心性漿液性網脈絡膜症

中心性漿液性網脈絡膜症

中心性漿液性網脈絡膜症とは

中心性漿液性網脈絡膜症(ちゅうしんせいしょうえきせいもうみゃくらくまくしょう)とは、網膜の中心部(黄斑)に水が溜まって浮腫むことで、部分的な網膜剥離が起きて、視力が悪くなったり、ものが歪んで見えたり、視界の中心が見えにくくなったりする病気です。
30代〜50代の働き盛りの方、特に男性に多く発症します。片目に発症することが多いですが、両目に発症することもあります。
一般的に経過は良好で、3〜6ヶ月で自然に治ることが多いです。以前は中心性網膜炎と呼ばれていました。

中心性漿液性網脈絡膜症の原因

原因は不明ですが、心身のストレスや、副腎皮質ステロイドの副作用が誘引で起こることがあります。

中心暗点

黄斑のむくみにより黄斑部分の網膜細胞の機能が低下し、視界の中央部分が周辺に比べて暗く感じられることがあります。

変視症

黄斑のむくみによりものが歪んで見えることがあります。

小視症

黄斑のむくみによりものが小さく見えることがあります。

一時的な遠視

黄斑が浮腫むことで、水ぶくれの分だけ網膜の位置が前に移動し、軽い遠視になることがあります。

中心性漿液性網脈絡膜症の検査

以上の症状は黄斑部以外の病気や、視神経の病気により起こることもあります。そのため、検査によってそれらの病気と区別する必要があります。
当院では散瞳による眼底検査や、黄斑部を光干渉断層撮影(OCT)による検査を行います。

中心性漿液性網脈絡膜症の治療

中心性漿液性網脈絡膜症はほとんどの場合良好な経過をたどります。心身の安静と適切な治療により、3〜6ヶ月で自然に治ることが多いです。しかし、なかには慢性化したり、再発を繰り返す場合があり、網膜の機能が障害されて視力がよくならないこともあります。

治療法としては以下のようなものがあります。

レーザー治療

    目の奥のむくみを取ったり、網膜の機能を良くする目的でレーザー治療を行うことがあります。しかし、レーザーを照射した部分は網膜の働きが失われるため、視界の一部分が欠ことになります。むくみの場所によっては、視力低下につながって逆に見えにくくなる場合もあります。そのため、手術前には詳しい検査を行い、治療の適応を慎重に判断する必要があります。

内服薬による治療

  • 末梢循環障害改善薬
    目の血流をよくすることで、網膜の働きをよくしたり、視細胞の機能を助けます。
  • 蛋白分解酵素
    むくみに含まれる蛋白を分解することで、目の中のむくみを早く引かせることを目的に処方します。
  • ビタミン薬
    視細胞の働きをよくするためにビタミン薬を処方することもあります

リンク集

企業様・業者様専用お問い合せフォーム

上へ
下へ