白内障について|世田谷区経堂の眼科|経堂こうづき眼科

経堂こうづき眼科 - 経堂コルティ

世田谷区経堂の眼科|経堂こうづき眼科

03-5799-7276

〒156-0052 東京都世田谷区経堂2-1-33 経堂コルティ 2F駐車場あり

〒156-0052 東京都世田谷区経堂2-1-33

経堂コルティ 2F駐車場あり

診療カレンダー

緑内障検査、眼鏡処方、コンタクト処方の方はこちらから。一般診療ご希望の方は予約はせず 直接お越しください。

友だち追加

当院からのお知らせの受診、問診、検査のご予約を行なっていただけます。

受付スタッフ募集

白内障について

白内障について

白内障とは

白内障は、目の中のレンズの役割を果たしている「水晶体」と呼ばれる場所が濁っている状態のことをいいます。
水晶体は通常、透明な組織で、外からの光を集めてピントを合わせるはたらきを持っているのですが、これが白く濁ってしまうと集めた光がうまく目の奥に届かなくなってしまい、目が霞んだり見えにくくなったりします。

正常な状態

白内障の眼

白内障の原因

ではなぜ白内障になるのでしょうか。
白内障はいろいろな原因で起こりますが、一番多いのは年齢を重ねたことによるものです。
水晶体は主にタンパク質と水でできており、タンパク質は年齢とともにいろいろな影響を受けて少しずつ変化して白く濁ります。
60歳で70%、70歳で90%以上の人が白内障により視力低下を起こすとされており、年齢と共にすべての人に起こる疾患です。つまり、誰でも年齢を重ねると水晶体は濁っていきます。これを加齢性白内障と呼びます。早い人では40歳くらいから発症することもあります。
他にも、けがによるものや、他の病気に続いて起こるもの、薬の影響によるもの、先天性のものなどもあります。

白内障の症状と見え方

視力低下

目の中のレンズが濁っているので、眼鏡やコンタクトレンズで矯正しても見えにくいままです。

ものが二重に見える(単眼複視)

片目でものを見ていても、二重に見えることがあります。

まぶしさ

水晶体が濁っていると、光が乱反射するため、明るいところでまぶしく感じることがあります。

眼鏡の度数が合わなくなる

白内障の種類によっては、眼の度数が変わります。今まで使っていた眼鏡が合わなくなる方もいらっしゃいます。

視界がかすんだり、いつも以上に眩しく感じるようなことがあれば、すぐに診察を受けるようにしましょう。また、上記のような症状がなくても、40歳を超えたら一度診察を受けることをおすすめします。早めの診察で合併症などの多くのリスクを回避することができます。

白内障の治療

ピレノキシン点眼(カリーユニ)などを使用することで進行を遅らせることができるとされていますが、あくまで予防治療であり、進行を完全に止めることは不可能です。また、一度濁ってしまった水晶体を透明に戻すことはできません。
そこで、進行した白内障に対しては濁った水晶体を手術によって取り除き、人工の眼内レンズと取り替えることで見え方を良くすることができます。

白内障手術時期のチェック

患者様がどれくらい不便さを感じているのか、日常生活や趣味・お仕事によるご事情などをふまえてじっくり相談しながら時期を決めていきます。
現在、白内障手術は濁った水晶体を超音波の装置で砕いて取り出し、眼内レンズと取り替えるという方法で行っています(超音波水晶体乳化吸引術)。

白内障手術についてはこちら

リンク集

企業様・業者様専用お問い合せフォーム

上へ
下へ